病院のご紹介syoukai

院長・総看護師長ご挨拶

院長ご挨拶    宗像 秀樹(むなかた ひでき)

宗像院長

千厩病院長 宗像 秀樹

 千厩病院のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

 千厩は前九年の役の際、源義家が軍馬千頭をつないだ場所との言い伝えがあります。また、奥州藤原氏が千棟の厩舎を建てたのでこの名がついたとも謂われています。
 ここから、一ノ谷の戦いにおける鵯越(ひよどりごえ)の逆落としの場面で、源義経とともに駆け降りた名馬-太夫黒(たゆうぐろ)-の生誕地と伝えられます。

 

 当院は、岩手県の南端の一関市にあります。
 一関市は平成17年の市町村合併でできた面積の大きな市です。合併前は両磐地区と呼ばれ、旧一関市を中心とした西磐井郡と千厩が含まれる東磐井郡に分かれていました。
 両磐地区の医師数の地域格差は、人口10万人あたり、西256人、東67人(2015年)と約4倍の差があります。

 その中で、当院は旧東磐井地域の人口5万人を対象にする稼働病床148床の地域病院です。一般病床(10:1)86床、回復期リハビリテーション病床35床、地域包括ケア病床27床で運用しています。
 外来患者さんは250人/日、血液透析は20床で延べ9,790人(2016年度)の透析患者さんの診療にあたっています。
 救急車は934台(2016年度)、応需率は84%です。

 また、協力型臨床研修病院として岩手県立中央病院、岩手県立磐井病院の他、岐阜大学医学部附属病院、国立国際医療研究センター病院から研修医を受け入れ、地域医療の最前線を研修してもらっています。
 診療にあたる常勤医師は院長含めて8名で、すさまじい医師不足のなか懸命に働いています。このなか、県の内外からは診療応援に多くの医師を派遣していただき、外来診療・リハビリテーション・当直等多くの助力を受けながら当院は支えられています。

 地域の皆様にも支えられています。ボランティアの6団体が、外来総合案内・院内アメニティーの充実・花壇整備・患者さんの慰問・朝顔ランチの医局への提供・地域と病院をつなぐ地域住民への啓発活動等の様々な活動をしていただいています。

 

 絶対的医師不足、領域別専門医療不足、全科対応の厳しさの中、臓器・疾患を問わない総合診療マインドを持って、断らない診療を目指しています。
 地域に根差して、地域の皆さまに『おらほの病院』と言ってもらえる病院になれるように皆で働いています。

 高齢化とともに独居の老人も増え、急性期病院としての機能、急性期病院と家をつなぐ後送病院としての機能が重視されています。少ない資源で地域全体を見据えながら、
<すべての人々に安らぎと希望を>の病院理念のもと、職員一同、奮励努力してきたいと思います。

2017年4月 岩手県立千厩病院長 宗像 秀樹

総看護師長ご挨拶

sokangosicho

総看護師長 熊谷 眞貴子

 千厩病院ホームページにようこそ。

「千の風を感じ 千の光をあび 千の自然と戯れる 」

 こんな素敵なインフォメーションのある自然豊かな町、千厩町に、当院はあります。

 当院は、医療の再生と復興に向け、回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病床を併せもつ病院です。病院の理念・基本方針に基づいた医療を提供するためにキーワードを昨年度の「進化」から今年度は「深化」とし、地域包括ケアシステムをモデルに院内外の職種間の協働と医療・介護・福祉が連携し、地域に開かれ、地域の皆様が住み慣れた地域でその人らしく生活できるシステム作りを進めています。

 また日頃より、多くのボランティアの皆様をはじめ地域の皆様には、外来受診時の案内・病棟訪問・コンサートや花壇の整備など「患者様がホッとする」環境を作っていただいております。

 地域の皆様が豊かな自然の中で 生まれ 育ち、暮らしてきたその人らしさを大切にし、住み慣れた地域で生活ができるように、そして患者様が「頼れる千厩病院」と感じていただける看護を目指しております。

 看護提供方式はPNS(パートナー・ナーシング・システム)、新人教育にはクリニカルコーチ制・フレッシュパートナーを導入しています。
 PNSではパートナー間で知識・技術の情報交換を行い患者個々に合った最善の看護提供を実践、新人看護職員の育成ではクリニカルコーチ制・フレッシュパートナーを導入し全員で育てる意識を持ち、働きやすい・働きがいのある職場環境の充実のため実践しています。新人からもPNSとフレッシュパートナー制により安心して業務ができると好評です。

 

 職員の満足度を上げていくためには、接遇の向上が基本にあります。特に気持ちよく働けるための職員間の「コミュニケーション」を大切にしています。価値観を共有し行動することで、患者様の安心・安全な看護につながり回復過程へも大きな影響があります。お互いを受けとめ認め合うことが基本にあり、コミュニケーションエラーのない関係づくりに取り組んでいます。
 また、変化に柔軟に対応できる意識、思いやりの気持ちの中で育てあうこと、仕事と自身の生活の両立等、ワークライフバランス実現に向け支援をしております。

 これからも変化していく未来を見すえ、多くのご意見をいただきながら、皆様に必要とされる看護を提供し続けていきたいと思います。

今後とも変わらぬご支援をお願い致します。

総看護師長 熊谷 眞貴子

看護科理念

患者さんの想いに寄り添い、その人らしさを大切にした看護を提供します

基本方針

  1. 優しさと思いやりのある看護を実践します
  2. 患者さんの人間性を尊重した看護を提供します
  3. 安全に配慮した看護を実践します
  4. 地域及び医療者間の連携を密にした看護を実践します
  5. 自律した看護職として専門性を高め、質の高い看護を提供します

看護体制

【入院】一般病院入院基本料 10:1
    回復期リハビリテーション病棟 15:1
    交代制勤務
【外来】当直制

看護提供方式 

固定チーム継続受け持ち制+一部機能別

患者受け持ち制のご案内

受持ち看護師が入院から退院まで責任をもって受け持たせていただきます。
看護師は、3交代勤務をしておりますので受持ち看護師が不在となることがあります。その際は、各勤務帯の担当看護師が責任をもってお世話させていただきます。