病院のご紹介syoukai

病院理念・基本方針

病院理念

すべての人びとに安らぎと希望を

基本方針

  1. やさしさとぬくもりのある医療を提供します。
  2. 個人の価値観に配慮し、患者中心の医療を展開します。
  3. 適切なリスク管理により、安全・安心をめざしたチーム医療を提供します。
  4. 地域に根ざした病院として、地域の医療・介護・保健・福祉に貢献します。
  5. 医療人として常に質の向上を図り、健全で希望に満ちた病院づくりに努めます。

患者さんの権利と責務

■権利

岩手県立千厩病院は、医療の中心が患者さんであること、そして患者さんの人間としての尊厳を深く認識し、一人ひとりの患者さんの次のような権利を尊重し、病院の理念に基づいた、公平で良質な医療を提供することを目指します。

  1. 誰でも平等に良質な医療を受ける権利がある。
  2. いかなる場合でも人間としての人格を尊重され、尊厳を保障される権利がある。
  3. 自分の状態や医療行為に関して、十分理解できるまで、わかりやすい説明を受ける権利がある。
  4. 十分な説明と情報を受け、医療行為について自分の意思で選択・決定する権利がある。
  5. 自分の診療情報の開示を求める権利がある。
  6. プライバシーが尊重され、個人情報が保護される権利がある。
  7. 診断や治療方針について、他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利がある。

■責務

医療は患者さんと医療関係者との信頼関係に基づき、協働して作り上げていくものであり、患者さんに主体的に参加していただくために次のような責務を提示します。

  1. 患者さん自身の健康状態および変化は、速やかに正確に医師をはじめとする医療者に伝えてください。
  2. 検査や治療などの医療行為は十分理解できるまで質問し、同意の上で受けてください。
  3. すべての患者さんが快適な環境で適切な医療を受けられるために、他の患者さんのご迷惑にならないよう配慮してください。
  4. 当院は教育病院であるために、学生や医療職の教育を行っていますので、理解と協力をしてください。

臨床倫理

当院職員は、医療を受ける人びとの生命を尊び、以下の方針に従い医療を提供します。

  1. 患者の人権を尊重します。
  2. 患者の個人の信条、価値観に十分配慮し、説明と同意に基づく患者の自己決定を尊重します。
  3. 生命倫理にかかわる法規、ガイドラインなどを遵守します。
  4. 医学や医療の進歩に必要な治験・研究の実施や倫理的問題を含む医療行為に対しては、倫理委員会において倫理的・科学的観点より十分審議し、その方針を決定します。

■関係法規、ガイドライン

  1. 胎児診断、生殖補助医療(人工授精、体外受精等)に関わるガイドライン
  2. 母体保護法
  3. 臓器移植に関わる法規
  4. 終末期医療の自己決定プロセスに関するガイドライン
  5. 苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン
  6. 終末期輸液治療のガイドライン
  7. 宗教的輸血拒否に関するガイドライン
  8. ヘルシンキ宣言
  9. 臨床研究に関する倫理指針
  10. 疫学研究に関する倫理指針
  11. その他

職員倫理綱領

岩手県立千厩病院は、地域の人びとの安らぎと希望を願い、医療を守るために、最善の努力を尽くさなければならない。この使命を達成するために職員が遵守すべき行動規範を次のとおり定める。

  1. 権利の擁護
    病める人びとの人格を尊重し、権利を擁護するとともに、平等に医療を提供する。
  2. プライバシーの保護
    病める人びとのプライバシーを尊重し、守秘義務を遵守する。
  3. 医療情報の管理
    医療にかかわるすべての情報は適正に管理する。
  4. 安全管理
    医療にかかわるあらゆる安全管理に最大の努力を払う。
  5. 医療の質の向上
    医療人として相互の立場を尊重し、協力して医療の質の向上に努め、人格、教養を高めることによって、全人的医療を目指す。
  6. 地域社会との連携
    地域の人びとにより良い医療を提供するために、他の機関と緊密に連携し、協力し合う。
  7. 法の遵守
    医療人とともに公務員であることを自覚し、法を遵守し、医療を通じて地域の発展に尽くす。

当院における個人情報の取り扱いについて

以下に掲げる項目については、以下からごらんください。

岩手県立千厩病院の個人情報の利用目的

院内での患者さんの個人情報取り扱い方針

セカンドオピニオンの指針

当院が扱う保有個人データに関する事項(法24条1項関係)

オプトアウト制度に関する事項

環境方針

■環境方針

岩手県医療局は、「県下にあまねく良質な医療の均てんを」の基本理念のもと、環境に配慮した病院を目指すため、環境方針を下記のとおり定める。

  1. 県立病院における省エネルギー、省資源、廃棄物の減量、リサイクルを推進し、汚染の予防に努めます。
  2. 県立病院に関する環境の法規制等を遵守します。
  3. 環境に悪影響を与える緊急事態を想定し、その対応を講じます。
  4. 環境に影響を与える業務を定期的に見直し、継続して改善するよう努めます。
  5. 県立病院内で働く、職員を含めた全員の環境保全に対する意識の向上を図るため、環境訓練を行います。
  6. 県立病院で働く、職員を含めた全員に方針を周知します。また、方針は外部に公表し、入手可能とします。

■環境運用方針

○基本理念

岩手県立千厩病院は、岩手県医療局の環境方針に基づき、当院の基本理念である「地域住民の生命と健康を守る」ことの一環として、地球環境に配慮した取り組みを積極的に展開します。

○基本方針

  1. 当病院の医療活動に関わる環境側面を常に認識し、環境管理システムを継続的に向上させながら汚染の予防に努めます。
  2. 関連する環境の法規制等を遵守します。
  3. 医療材料・薬品・食材の無駄を無くし、廃棄物の分別を徹底し、排出量の縮減を図り環境保全に努めます。
  4. 環境に悪影響を与える緊急事態を想定し、継続的にその対応を講じます。
  5. 省エネルギー・リサイクル活動による環境に対する負荷の軽減に継続的に取り組み、地域や家庭でも応用するよう努めます。
  6. 職員はじめ当院で働く全ての人に方針を周知します。また、方針は外部に公表し、入手可能とします。

病院環境管理者 岩手県立千厩病院長