臨床研修kensyu

地域医療研修を修了した研修医の声(令和2年度)

① 岩手県立中央病院 研修医 手島 航

 千厩病院の総合内科は岩手県立中央病院と異なり、診療科が細分化されていないので、基本的な内科疾患は全て診ていくことになります。将来自分も何かしらの専門科で勉強していくことになると思いますが、自分の専門外の疾患に対処することになったときにどうアプローチすればよいのか、どこまでならその疾患の専門施設でない病院で診療を行えるのか判断できなければ、医師が不足している地域で診療を行うのは難しいです。

 また今までは疾患を治療することが最優先で、恥ずかしながら患者さんの社会的背景に対して積極的に考えていませんでした。しかし、退院後にどういう生活を希望し、それが実現可能かどうかを、入院時あるいはその前から患者さん本人やご家族、ケアマネージャーさんなどと話し合っておかなければ、退院まで見据えた診療を行っているとはいえないと千厩での研修で感じました。

 2ケ月という短い期間でしたが、千厩病院の研修で得た知識や経験を活かして今後の診療を行っていきたいと思います。

         写真左

初期臨床研修ページへ