臨床研修kensyu

地域医療研修を修了した研修医の声

① 岩手県立中央病院 研修医 阿部桃子

 千厩病院では急性期から慢性期まで様々な段階の、多岐にわたる疾患・患者の診療にあたりました。入院したその日から、退院後のことまでを念頭に、ゴールを設定しながら診療を組み立てることを意識するようになりました。多職種が協力し合い、頻繁に情報共有できる環境にいたからこそ、そのような視点を持つことができるようになったのだと思います。患者さんの立場になって考え、それぞれのライフスタイルに合わせた多くの選択肢を提示し、サポートしたいという気持ちが強くなりました。

 千厩病院での研修で得た知識や学び、経験を活かして、患者と家族、ひいては地域の方々の健康を支援していけるようになりたいと感じ、とても有意義な研修をさせて頂きました。

アベモモコ

         写真中央

② 国立国際医療研究センター 研修医 山田晃平

 私は東京の病院で初期研修をしており、地域研修の一環として千厩病院で研修させていただきました。今回千厩病院で研修を経て、東京では経験できないことの多くを学べたと感じています。千厩病院での研修を経てよかったと思うことは以下の3つです。

1. 幅広い多くの症例を経験できる。(メジャーなところからマイナーなところまで)

 東京の病院では同時期にここまで幅広く疾患を見るという経験はありませんでした。やはり千厩病院の地域に根ざした医療を実践しているからこその経験であると思います。自分の持っている知識、手技、経験を総動員して診療にあたるという経験は、他では得難いものだと感じます。

2.どのような人々が地域医療を支えているのかを実感できる。

 千厩病院は決して医師が充足しているわけではありません。そのため多職種が密接に関わり合い、患者さんを受け入れることができる環境を形作るのが大切であることを実感しました。各スタッフが自身のプロフェッショナリズムを活かしている様子はとても勉強になりましたし、今後、自分がこうありたいと思う医師像を考える大きな材料になりました。

3.地域の特性を理解した上で患者さんにとってのベストのライフスタイルとは何かを深く考えることができる。

 千厩病院に入院している患者さんは退院に際して社会的資源を必要とする場面が多くあります。そうした中で、一人の患者さんが退院後の生活でどのようなサポートを必要とするのか、またどのような生活を望んでいるのかを深く考える機会が多かったように思います。そうしたことを自分なりに複合的に考え、どのタイミングがその方にとってベストなのかを検討し、提案することの難しさを経験できました。

 上記3つが、私が千厩病院で研修して感じたことです。短い期間ではありましたがこうした経験を経て、東京の病院では感じることのできない地域に根ざした医師とはどのようなものであり、どのような素養が求められているのかを感じ取ることができました。千厩病院での研修は私にとって大変貴重な時間を与えてくれたと思います。

山田

         写真左

③ 国立病院機構東京医療センター 研修医 中山知章

 私が勤める東京医療センターでは、地域医療研修の一環として千厩病院での研修が選択でき、私はそのプログラムに応募いたしました。私が千厩病院での研修を希望したのは、東京医療センターの非常に優秀な先輩が、千厩病院での研修では非常に得るものが大きいと勧めてくれたことがきっかけでした。千厩病院での研修で私が一番魅力的だと感じたことは、自らがやりたいと思った治療方針をすべて尊重し、実践させて頂くことができると+0いうことです。上級医の先生方もその都度バックアップしてくれるのでとても心強かったです。また、上級医の先生方はとても優秀で、知識を吸収しながら自ら考えていくという流れが非常に研修として身になると思いました。救急外来においても、自分1人という状況で様々なバリエーションの症例をみることはとても不安でしたが、同時にそれを乗り越えたからこそつく自信も千厩での貴重な収穫の1つと考えております。地域に根差した医療を体験でき、また豊富な症例を自分自身の力で診ていくことは今後の自分の成長にとても寄与するものと感じた1か月でした。

 いつも温かく指導して頂いた先生方、そして的確にサポートして助けてくれた看護師の方々、本当にありがとうございました。また何かの機会に千厩に遊びに行かせて頂きます。

山田

         写真右

④ 国立国際医療研究センター 研修医 三浦聡美

 千厩病院は岩手県一関市東磐井地域の中核病院として、一般外来、入院、救急医療を担っている病院です。都市部の病院とは異なり、面積あたりの病院数は圧倒的に少なく、千厩病院から隣の病院までは車で30分程度かかります。研修をしながら、ここで治療できなければ助からないかもしれないという地域拠点病院としての緊張感を、ここで働く先生方の背中からひしひしと感じました。

 千厩研修では多くの学びがありました。入院患者さんやその家族とお話しした際に節々に感じられる地元ならではの生活観。心不全から腎盂腎炎まで疾患の幅広い疾患の対応を行う入院患者の病棟管理。どんな重症患者が来ても初療を自分一人で計画し、判断を下すことを求められるはじめての一人当直。また、病院のスタッフの方達はこれでもかという程に当院の地域研修カリキュラムにこだわっておられ、陸前高田の訪問(被災した高田病院の実際のスタッフの生のお話を聞かせていただきました)や地域患者の訪問診療も経験させていただきました。スタッフの人数も限られており、その分ローテーションしている研修医に回ってくる処置、IC、当直の回数も多かったと感じています。普段研修している環境から外に足を踏み出すことは大変勇気がいることでしたが、医療の最前線で活躍する先生方、スタッフのもとで1ヶ月間研修することで今まで自分が当たり前だと感じていた病院としてのあり方、医療のあり方を見つめ直す大変良い機会になったと感じています。

 千厩研修を経験すれば、ひとまわりも、ふた回りも大きく成長できること間違いありません。千厩での地域研修を経験することは、これからの後輩研修医たちにも強く強くお勧めします!

         写真右

⑤ 国立国際医療研究センター 研修医 矢野海斗

 私は、東京の国立国際医療センター病院で研修医をしており、大学も東京であった為、地域の中核病院で研修させて頂いた1か月は、新鮮な発見に満ちあふれていました。

 病棟では、肺炎や脳梗塞、心不全などのcommon disease(一般的な病気)の患者さんの治療に携わり多くを学ばせていただきました。医師の数が少ない分、責任感は大きく患者さんとの距離も近く、患者さんの価値観や家族構成も考えながら退院に向けての治療プランを練っていくことができました。

 また、週に1回程度、当直も経験させて頂き、初期の救急対応や入院適応などいろいろ考えさせられました。

 特に印象的だったことは、上級医や他職種の方々との距離感が非常に近くとても働きやすい環境であったことです。カンファレンスでも看護師さんやリハビリテーション技師さん、薬剤師さんから、たくさんの情報を共有させて頂き診療に生かしていくことができました。

 今回地域医療研修で学んだ経験は、これからの日本の医療において、どこに行っても生きてくると思っています。千厩病院との出会いを糧に今後とも精進して参りたいと思います。

⑥ 国立国際医療研究センター 研修医 高橋叶衣

地域医療研修として国立国際医療研究センターから派遣され、1か月間研修をさせていただきました。

千厩病院は内科常勤医師2名でありながら多い時には50名程度の患者様を見ており、救急車受け入れも900台程度/年行っている、大変症例の豊富な病院です。

人員が少ないこともあるとは思いますが、研修医として伺っているにも関わらず「手を動かす」よりも「頭を動かす」ことが多かったように感じました。そのため、本当の意味で上級医と相談しながら治療方針を決められるようなことが多々あり、最初はそこまで興味のなかった分野でも自ずと勉強する気になることができ、自分にとっては実りの多い研修になりました。

また、病院全体の雰囲気が大変よく、先生方の相談しやすい雰囲気やテキパキと仕事をこなしてくださる看護師さん方に幾度となく助けていただき、カルテの使い方からわからない自分でも1か月間何とか病棟管理や救急外来勤務をこなすことができました。

有意義な1か月間を過ごさせていただき、誠にありがとうございました。

         写真右

⑦ 国立国際医療研究センター 研修医 野口はるか

国立国際医療研究センター研修医2年目の期間に地域医療研修にて千厩病院で1ヶ月研修する機会をいただきました。

冬の東北地方で暮らすのも1人当直も初めての経験でしたが、予想以上に充実した毎日でした。入院病棟では、30人近い患者さん達を指導医の先生と2人でフォローしました。日々の入院患者様の治療に加え、インフォームドコンセントやカンファランス、ラウンド、時には内科や救急外来も同時にこなしました。普段以上にスピーディーな判断力が求められる故、足りない知識も貪欲に補うことが出来ました。また、効率よく適切な医療を行うために、検査結果に応じた治療方針まで考えて検査すること、患者様ご家族と密にインフォームドコンセントをとることの重要性を学びました。

夜間当直では、1晩に平均5〜15人弱の患者様が来られました。看護師、技師と協力してスムーズな診療を心がけました。はじめは行列を作ってしまいましたが、複数回経験していく中で、重症の見極め、夜間治療の必要性を判断する能力に磨きをかけることが出来ました。

その他、市民向けの講演依頼を引き受けたり、被災地訪問や訪問診療に参加したり、近隣の診療所の先生方とお話する機会をいただくなど、見聞を広める貴重な経験も沢山させていただきました。

全体を振り返ってみると、医療スタッフ・事務の方々・地域の方々・皆温かく、重症患者にあたって当直でくじけそうな場面も乗り越えることが出来ました。あらためて沢山お世話になり心より感謝しています。千厩病院での経験と、岩手の医師不足の実態を忘れることなく、東京でも内科医としてブラッシュアップしていきたいと思います。

         写真左

初期臨床研修ページへ