各部門のご紹介bumon

薬剤科

薬剤科のご紹介と主な業務

薬剤科の理念

yakyoku1薬物療法を通して、薬の効果が十分に得られ、なおかつ副作用の早期発見につとめ、患者さんが安心して薬物療法を受けられるように努めます。

 

薬剤業務重点項目

 

  1. 良質で効率的な薬物療法の提供
    a.服薬指導の推進
    b.医薬品情報提供の推進
  2. 安全な化学療法の提供
  3. 各種委員会への積極的な参加
  4. 安定した経営基盤の確立
    a.薬事委員会における薬品の整理統一の推進
    b.在庫管理の徹底
    c.後発医薬品の採用拡大

薬剤科の主な業務

薬剤科には薬剤師が8名、薬剤助手1名が勤務し、次の仕事をしています。

  1. 調剤
    医師の発行する処方箋に基づき、用法・用量等を確認し、調剤します。散薬は監査システムを導入しており、秤量から分包まで間違いのないよう調剤しています。錠剤分包機もオーダーと連動しており、一包化も自動的にされます。
    また、薬の説明書「お薬のしおり」を薬と一緒にお渡ししていますのでご覧ください。
  2. 注射薬調剤
    医師の発行する注射処方箋に基づき、配合変化等も考慮し、患者さん個人ごとの注射薬の取り揃えを行っています。
  3. 病棟薬剤業務
    当院では各病棟に病棟専任薬剤師が1名常駐しており、医薬品の投与・注射状況等の把握、情報提供等により医薬品の適正使用を推進しています。また、入院時に持参されたお薬を含めた医薬品全般について、同じ作用の薬が重複してないか、飲み合わせは悪くないか等をチェックし、安全な薬物療法を支援しています。
  4. 薬剤管理指導
    入院患者さんに薬の説明をし、薬歴を管理しています。また、確実に服薬できているか、副作用は出ていないか等を直接お伺いし、薬の安全使用及び確実に薬の効果が得られるよう努めています。
  5. 抗がん剤調製
    抗がん剤の用量・用法を間違いのないように何人もの目を通してチェックし、薬剤科で無菌的に調製し、抗がん剤の安全使用に努めています。
  6. 医薬品情報提供
    医薬品に関する問い合わせに対応したり、医薬品情報を提供しています。
  7. その他、薬品の管理等を行っています。

院外処方について

当院で院外処方箋を全面発行しています。かかりつけ薬局で調剤してもらうことにより、他科、他院の薬の飲み合わせや重複も見てもらえます。
薬を安全に使用するための方法なのでご理解ください。

ジェネリック医薬品(後発品)と一般名処方について

当院では、医薬品の効果・安全性及び患者さんの負担等を検討して後発医薬品を積極的に採用しています。
また、一部のお薬について新薬(先発品)やジェネリック医薬品(後発品)を患者さまに選んで頂くことが出来るよう、一般名で処方しています。
おかかりの調剤薬局では、すべての後発品を取り扱っているわけではありませんので、後発品への切り替え、お薬の金額など、詳しくは、かかりつけ薬局の薬剤師にご相談下さい。

※後発医薬品とは、先発医薬品の特許満了後に有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに製造・販売される医薬品であり、お薬代は先発医薬品の2割~7割、平均して半額位になり患者さんの薬代負担が減ることが利点としてあげられます。
※一般名処方とは商品名ではなく成分の一般名を処方箋に記載することにより、いろいろな製薬会社から発売されている中から、自由にお薬を選ぶことが出来ます。

お薬手帳について

院内処方でお薬手帳をお持ちの方は処方内容を記載しますので、薬剤科窓口にお申し出ください。
お薬についてご質問等がございましたら、薬剤科窓口でご相談下さい。